注目キーワード
  1. Business
  2. Mind
  3. 副業
  4. 起業

孤独感を抱えるビジネスマンが知るべき5つのこと

  • 2020年10月14日
  • 2020年9月13日
  • Mind
  • 5回
  • 0件

私が28歳の時に感じた一番初めの感情は「孤独感」でした。

会社に勤めていたときは、同僚や上司がすぐそばにいて困ったことがあったら助け合うことができました。

しかし、起業したことによってそういった安心できる環境を失ったことに気がつきました。

もしもこれから起業をするのであればこの孤独感に勝ち続けなければいけません。

そのために知っておくべき5つのことをご紹介します。

1.自責思考:全ての責任は自分にある

ビジネスを始めた時点であなたのビジネスの全責任はあなたが負うのもになります。

もし仮に「ビジネスの全ての責任を私は負うことができない」と思うのであれば、ビジネスを始めるべきではないでしょう。

なぜなら、その責任の範囲内でビジネスを大きく展開することが本当に価値のあるビジネスを作るということだからです。

たとえば、あなたが何も責任を負うことのないビジネスを始めようと考えたとしても、それは何の成長にもなりません。

誰かが代わりにお金を出資してくれたとしても、そこには出資者への責任が発生します。

もし、そのビジネスが失敗したとしてもそれは出資者の責任ではなくあなたの責任です。

しかし、中にはビジネスが失敗したことを自分以外の人の誰かの責任にする人もいます。

それは、責任転嫁以外の何者でもありません。

つまり、あなたがビジネスを始めるということはそのビジネスに対しての全責任を負うという覚悟が必要なのです。

その覚悟がブレた時に、誰も助けてくれない孤独感を味わうことになります。

でも、それの孤独感はあなた自身を成長させる予兆なのです。

人は不安や孤独を感じた時に打ち勝つ行動をすることで成長することができます。

孤独感から逃げるのではなく、立ち向かうことであなたのビジネスはさらに前に進めるようになります。

2.孤独との共存が成長のカギ

孤独を払拭することはできないと思います。

孤独をゼロにするのではなく「共存」することを考えたほうがいいと思います。

なぜなら、ビジネスには予期せぬトラブルや想定外のことが起こることが多々あります。

そのたびに、離れていく人や批判をする人が出てきます。

そんな人たちのために毎回、孤独を感じて不安になっていてはビジネスは成長させることはできません。

あくまで、あなたは一人ぼっちです。

孤独であること自体が自然体であり、異常なことではないということを理解しましょう。

いざとなれば自分のチカラだけでビジネスを成長させるという心の芯を持つことで孤独と共存することができます。

たとえば、会社が赤字を出し続ければ従業員は不安になり転職をする人もいるでしょう。

どんどん人が去っていくことであなたは孤独になり「助けてくれる人がいなくなる」と悲観的な思考になってしまうかもしれません。

でもそれは、当たり前のことであり、その状態からあなた自身の手で黒字化するための行動をするということで孤独を味方にすることができます。

つまり、孤独を上手に利用して自分を奮い立たせる原動力にすることで「孤独感との共存」ができるようになるのです。

3.積み上げが孤独感に勝つ唯一の方法

人はなぜ孤独感を感じることがあるのか?

それは、やらなければいけないことを放置して、周囲の人が離れていくことで孤独を感じるのです。

もし、あなたが毎日やるべきことや行動の積み上げを継続して努力していたら、孤独感を感じることはないでしょう。

なぜなら、毎日の積み上げという行動をする過程で「自信」を手に入れるからです。

自信を持っている人はたとえ一人ぼっちになったとしても、目指す場所を見誤ることはありません。

孤独がどうしても耐えられないタイプの人であれば、継続した積み上げ努力を絶対にやめないことです。

この方法が唯一の孤独感に打ち勝つ方法です。

4.見えない将来の不安が孤独感を生み出す

先の見えない未来のことに不安を感じていると、大きな孤独感に襲われることがあります。

なぜなら、未来に保証はないからです。

その保証のない未来のことを考えることで不安になるのは当たり前のことです。

たとえば、商品が売れずに過剰在庫を抱えてしまった時に、このままだと倒産してしまう。と考える人だった場合、今の自分が何をすべきか?という思考になることはありません。

「倒産したら自分はどうなるんだろう」

「家族を露頭に迷わせてしまう」

「自己破産しなければいけなくなる」

いろいろなネガティブ思考になってしまうでしょう。

しかし、それは結果論であり、今考えるべきはこの窮地をどう乗り越えるかなのです。

もしもあなたが現在、自分のビジネスがピンチを迎えているのであれば、見えない将来の不安を持つのではなく、目の前のやるべきことだけに集中することです。

そうすることで、孤独感や不安は感じることはなくなります。

5.孤独と戦っているのはあなただけではない

窮地に立たされた人は「自分は世界で一番不幸な人間だ」と感じます。

でもそれは大きな勘違いでなのです。

あなたのように、ピンチな状態の人たちはたくさんいます。

一人ぼっちで頑張っているビジネスマンはあなただけではないのです。

孤独を感じてしまうとどうしても助けを求めたり、自分だけが酷い目に遭っていると考えがちですが、そうではないんです。

自分でビジネスを持つということは毎日孤独と隣り合わせで生きているのと同じことです。

形や環境は異なりますが、ビジネスを持っている人は必ず孤独を抱えています。

その孤独とどう向き合うのかでこれからのあなたのビジネスの明暗が分かれるだけなのです。

逃げるのではなく戦うことでビジネスは成長して孤独感からあなたを開放してくれます。

最新情報をチェックしよう!